TOKYO情報システム協同組合

よくある質問まとめ

Q:外国人技能実習生を受け入れて良かったと言われることは何ですか?

 A:「若い日本人にはもう見ることが出来ない若さやガッツ、パワーが技能実習生にある」――受入れ企業の担当者様から このようなコメントを頂くことが多々あります。若く吸収力があり、やる気のある技能実習生が来ることによって、職場に良い意味での緊張感や活気が生まれます。
 タケノコのような彼らの成長ぶりが見られるのも喜びのひとつ。2年目以降になると、自らの成長のために、他の日本人が嫌がる仕事を快く引き受ける者も。中には、自社海外工場の品質管理や生産効率を上げるために技能実習生制度を活用し、その成果に大変満足された企業様の事例もあります。


Q: 外国人技能実習生って日本語は話せるのですか?

 A:技能実習生の日本語レベルは小学校低学年くらいです。とはいえ覚えている語いは結構多くて、単語単語で区切ってゆっくり話すとある程度の意思疎通ができます。
 ましてや1年経つ頃には、発音はもとより活用や文法にも慣れてきて、相手の言うことを理解するだけではなく、自分の意思も自由に伝えられるようになります。 2年目以降は後輩が出来ることもあり、企業様と技能実習生のコミュニケーションをお手伝いするレベルにまで達する者もたくさんいます。
 弊組合では、日本語教育には格別の力を入れております。
 入国前の現地講習から入国後の集合講習まで、一環して使える日本語を学習させます。企業様に配属後は、日本語検定対策講座の開催や、無料教室の紹介など、彼らが継続して日本語能力を伸ばせる環境作りをしております。
 1年目で中学校~高校レベルである日本語検定3級に合格すること――これが弊組合の目標で、多くの技能実習生がこれに応えています。


Q: 「不正行為」とは?

 A:技能実習生に対する不適正な取り扱いは全て「不正行為」。不正行為が発覚した場合、技能実習生の帰国や、新規技能実習生の受け入れ禁止といった措置がとられます。


Q:技能実習生のために準備する宿泊施設での注意点は?

 A:宿泊施設として、生活をする上で必要となる空間と設備を用意しなければなりません。技能実習生は、御社の寮に入った時点では、自力で生活に必要な設備を用意するだけのお金を持っていません。そのため、洗濯機や冷蔵庫といった生活備品も用意していただく必要があります。


Q:技能実習生・技能実習生が病気になったら?

 A:弊組合の全技能実習生が加入している技能実習生総合保険をお使いください。技能実習生が病気になった場合、一旦、御社で治療に要した費用を立て替えていただきます。この立替分は、技能実習生総合保険によって全額返還されます。技能実習生の病気等については、社会保険が適用されますので、一旦本人が本人負担分3割を支払い、後に技能実習生総合保険によって本人負担分が補填されます。なお、めんどうな請求手続きなどは基本的に弊組合が行わせていただきます。


Q:家族の呼び寄せや一時帰国はできるのですか?

 A:一時帰国については、技能実習生の家族の不幸などがあった場合、諸事情を検討した上で認めております。ただ、同居の為に家族を呼び寄せることは不可能です。


Q:生活習慣のちがいは目立ちますか?

 A:彼らの出身国によって、さまざまな生活習慣の違いがあります。 中国人技能実習生に関して言えば――学歴は中学校卒業程度。主食はお米と麦でできた麺類で、日本人と同じく箸の文化です。よく温菜料理を食すことから、来日後に刺身などの生ものを苦手と感じる人も多いようです。




前のページに戻る

このページの上部へ