TOKYO情報システム協同組合

1.導入決定・申込

 導入を決定していただければ受入れの申込みに入ります。職種・作業の確認・技能実習生に関する希望(必要とする技術・経験・年数、性別、年齢等)の確認を行い、送り出し国の政府直属の現地送り出し機関に連絡します。

2.送り出し国での面接

 送り出し国政府直属の送り出し機関により、企業の要望 にあった技能実習生を募集の上、一次・二次選考を行い、 受入れ予定人数の3~5倍程度に絞り込みます。候補者 は送り出し国政府からの推薦を受け、身元も保証されて います。最終面接は受入れ企業担当者の方(又は当組合 理事が代理)に直接候補者の面接をして頂き、技能実習 生を決定します。

 

3.事前教育(約4ヶ月)

 面接通過者は健康診断を行い問題がなければ、日本語・技術教育訓練の講習を4ヶ月間行います。  

4.入国手続き

 面接終了後、日本側での入国申請書類の作成及び入国管理局への申請を行います。 (申請業務は当組合が行い ます。1〜1.5ヶ月後申請が認可) 申請が受理され入国許可が出るまでの間に、受入れ企業様には技能実習生の宿泊施設、生活用品の手配、書類 作成へのご協力をして頂きます。

 

5.技能実習生受入れ準備

 技能実習生の宿泊施設・生活用品の手配。

(宿泊施設の手配は受入れ企業様と打合せの上、当組合で準備。 ※貴社の寮施設を利用される場合は除く)

6.入国・集合講習

 入国管理局から入国の許可が下りれば約1ヶ月で技能実習生が入国してきます。入国後一定期間、組合指導 の案内、公的機関の講師による講習会を行います。

 

7.受入れ企業様での技能実習スタート

 集合講習終了後、受入れ企業様の技能実習カリキュラムに 沿って現場での技能実習に移ります。当組合からも定期 的に訪問し技能実習の進捗状況の確認を行います。

 

8.技能検定試験

 技能実習10ヶ月後に技能検定試験を受験します。技能検定合格者は技能実習2号に移行。

9.技能実習生

 技能検定合格者は、日本人従業員と同様の「雇用契約」のもとで技能習熟度をさらに高めます。

10.帰国

 技能実習生で1年、実習生で2年を経て帰国し、習得した技術により、自国の発展に貢献します。



前のページに戻る

このページの上部へ